「県央県南広域環境組合」 とは

 地球規模での環境保全やエネルギーの有効活用などの面からも資源循環型社会への転換が求められ、環境問題への住民意識が高まるなか、特に焼却施設からのダイオキシン類の発生は緊急課題として、その発生防止に努める必要がありました。このため、国においては平成9年1月に「ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止等ガイドライン」(新ガイドライン)を策定し、ダイオキシン類の発生が少ない全連続式焼却施設への転換や効率的な廃棄物処理の推進のため、広域処理の必要性が示されました。この新ガイドラインに基づき、平成9年5月「ごみ処理広域化計画について」の通知がなされ、長崎県では、平成11年3月に「長崎県ごみ処理広域化計画」を策定し、県域を7つのブロックに分けられました。

 県央県南広域環境組合は、県央・県南ブロックに位置付けられ島原市、諫早市、多良見町、森山町、飯盛町、高来町、小長井町、有明町、国見町、瑞穂町、吾妻町、愛野町、千々石町、小浜町、南串山町、布津町及び深江町の2市15町で構成され、複数の自治体が、特定(一部)の事業を共同で行うために設置する地方自治法上の特別地方公共団体の一つである一部事務組合という形で平成11年4月に設立しました。
 現在は市町村合併により、島原市、諫早市、雲仙市、及び南島原市の4市で構成されています。

 県央県南広域環境組合の長である管理者は、構成市の長の互選により定め、他の3市の市長が副管理者となっています。
 実施機関の一つである組合議会は、構成市議会から選出された13名の議員で構成され、議会定例会は8月と2月の年2回開催されます。
 現在、県央県南広域環境組合は「県央県南クリーンセンター」(諫早市)、「西部リレーセンター」(雲仙市)、「東部リレーセンター」(島原市)の3施設を運営し、余熱利用施設である「のんのこ温水センター」(諫早市)を設置しています。
 経費は、主に構成市からの分担金とごみの処理手数料で賄われます。

 県央県南広域環境組合は、構成市から出る可燃性一般廃棄物を処理する施設であり、不燃性一般廃棄物や産業廃棄物等は持ち込めません。
 また、ごみの収集や分別などについては、各市の業務となります。詳細については、各市の廃棄物担当課へお問い合わせください。